従業員やその家族の不安を取り除く任意労災

労災保険は、会社や事業主においては一人でも従業員を雇っている場合には加入が義務付けられ、職場や通勤中に負傷したり疾病に罹ったりした場合、その結果後遺障害や死亡に至ったケースなどに対し必要な保険給付を行う制度です。

但し政府労災からの給付は必要最低限となり労災認定にも時間がかかります。

従業員が負傷したり病気になったりした時、速やかに会社としての対応が可能かどうかは任意労災保険に加入しているかどうかで左右されます。

従業員の福利厚生の充実が図れること、更に、万一訴訟に発展した場合などの対応が保険会社と相談しながら進められる点がメリットです。

東京日本橋の総合保険代理店リリーフほけんナビに相談すれば、その豊富な経験と実績から必要とされる保険と補償の提案が受けられます。

従業員やその家族の不安を取り除き安心して働ける職場を作る為にも検討してはいかがでしょうか。

TOP